クレジットカードは計画性を持って利用しなければ、後々支払いが困難になってしまい大変なことになってしまいます。
自分の月収を再度確認し、生活に支障の出ない範囲内で便利にクレジットカードを使用していきましょう。 クレジットカードのキャッシング部分は貸金業法が適用されることとなる範囲となります。
ですのでショッピングと同様の感覚で頻繁に利用をしてしまうのは大変危険なこととも言えるのです。多くのクレジットカードを使うことによってショッピングだけに限ったことではなく、キャッシングも出来るようになっています。
キャッシングとは資金調達をすることの出来る手段であり、つまりは現金を手にすることが出来ることです。

 

クレジットカードのキャッシングで注意をしておきたいことが金利(実質年率)なのではないでしょうか?
キャッシングの場合はカード会社によって多少の差がありますが、ショッピングの倍の金利が加算されることとなります。クレジットカードを申し込んでも審査の段階でパスすることが出来ずに申し込みを断られてしまう人も多いことでしょう。
過去の支払いの遅延や多額のローンなどを組んでいる場合には、審査で落とされてしまうこともあるので覚えておきましょう。





マカ
URL:https://www.maca10.com/
マカの優良サイト


クレジットカードは契約者の信用で後払いが可能ブログ:2017年10月12日

現在、様々な減量法が注目されていますが、
食べる事をコントロールする
減量法も数多くありますよね。

でも気をつけなければいけないのが、
極端な食べる事制限です。

絶食や極端に食べる事の量を減らしたり、
決められた一つの食品しか食べないというような
減量法では
健康的に減量することはできません。

当然のことながら栄養不足になり、
筋肉量も減ってしまい、
食べないのに痩せないというからだになってしまうだけです。

減量中は健康を保つ為にも、
栄養バランスのとれた
正しい食生活を心がけることが大切なんです。

減量中の食べる事では…
一日3食をきちんと食べる。
一日30品目を目標に多種類の食品をバランスよく摂取する。
カロリーのとりすぎに注意する。
腹八分目を目標に食べ過ぎないようにする。
夕食は控えめにする。
…といったようなことを心がけましょう!

中でも難しいのが
多種類の食品をバランスよく!でしょうか。

バランスのとり方がわからないという方は
食品を赤群、黄群、緑群と3色の色に分けて、
3色の全ての食品を、毎日バランスよく食べるようにしましょう。

また減量中の食べる事では、
いつ食べたか!も大切なポイントです。

カロリーを抑えているのに
なかなかやせないという人は、
食べる時間帯と食べる事の量が適切でないかもしれません。

特に夕食には注意が必要。
食べてすぐ寝るとからだに蓄積される脂肪の量は多くなり、
結果太りやすい状態になります。

減量中の夕食は軽めに、
できるだけ早い時間帯に食べるように心がけましょう。